不動産担保ローンはこうして利用しよう

担保価値の高い不動産があると借りやすい

個人で事業を行っている場合、事業資金を調達しなければならないケースが少なくありません。事業の内容にもよりますが、場合によっては数千万円単位のお金が必要になることもあります。金融機関から高額の融資を受ける際、無担保で借りることはできません。通常は借入額に見合う価値のある担保を差し入れることになります。融資する金融機関が担保として要求する財産はいくつかありますが、その中で最も多いのは不動産です。数千万円単位の価値がある不動産も多いので、この財産を担保に取れば、融資のリスクを最小限に抑えられるからです。不動産担保ローンのサービスを提供している金融機関が多いことからもそのような事情を理解することができるでしょう。

不動産担保ローンを利用して金融機関から融資を受ける場合、事前に審査を受ける必要がありますが、その際一番重要視されるのが提供する不動産の担保価値です。担保価値が高ければ、借入した人が返済できなくなっても、担保不動産からすべての融資金を回収できる可能性が高くなるからです。そのため、極端な話、融資金が2000万円で、5000万円程度の価値のある不動産を担保に取ることができれば、その他の属性はあまり重視されません。不動産担保ローンを利用したければ、借入額より高額な担保価値のある不動産を用意しましょう。

ネットバンクの不動産担保ローンがおすすめ

自分の所有する不動産を提供して金融機関から借入することができる不動産担保ローン。自営業者が事業資金を調達するために利用する人が多いですが、子どもの教育資金などのために不動産担保ローンを利用する一般の人も多くなっています。不動産担保ローンはいろいろな金融機関で利用することができますが、借入をするのであればネットバンクがおすすめです。なぜなら、他の金融機関より優遇される点が多いからです。

ネットバンクを利用して不動産担保ローンを利用するとどのようなメリットがあるのでしょうか。まず、他の金融機関よりも低金利で借入をすることができます。ネットバンクは店舗を持たない銀行なので、家賃や人件費が発生しません。そのため、店舗型の金融機関よりも安い金利でサービスを提供しているのです。数年から数十年にわたって、返済をすることになる不動産担保ローンを利用する場合、金利差が総返済額に大きな影響を与えます。低金利の不動産担保ローンを利用するか否かで総返済額が数十万円から数百万円程度違ってくることもめずらしくないのです。それから、事前審査の結果が最短翌日に出るのも大きな魅力です。不動産担保ローンを利用できるか否かをすぐに判断できるので、その後の判断をスムーズに行うことができます。