不動産担保ローンの活用実例

不動産担保ローンを上手に活用する

不動産担保ローンは端的にいうと保有している自宅や土地などの不動産を担保にして借入などの融資を受けられるもので、比較的安全な融資として利用される方も多いと思います。不動産担保ローンは自宅や土地などを保有している場合には簡単な審査で融資を受けられるという手軽さや、無担保ローンなどと比べてみた場合に低金利で融資を受けられるなどのメリットが存在しています。
また、不動産担保ローンのメリットとして高額の融資を受けやすくなるというものもあります。不動産などを担保にするということはそれだけの資産を持っている人つまり返済能力の高い人として高額の融資が下りられるのです。また高額融資に関連して融資期間が長期になるという特徴もあります。これは融資額が高額な分、期間が長めに計算されることにより発生しその分毎月の返済額も少なくて済むのです。
このようなメリットがある不動産担保ローンの上手な活用方法はいくつか存在しています。例えば現時点で複数の借入をしている場合には、限度額の大きい不動産担保ローンで一本化するということも可能となります。また不動産の売却を考えている人などは、買い手が見つかるまでのつなぎ融資に活用できるなど不動産担保ローンの活用方法は多岐に渡っているのです。

不動産担保ローンは無職でも利用できるか

無職の人は仕事をしていないので、お金に困っているケースも少なくありません。そのため、金融機関からお金の借入をしたいと考えている人が結構います。しかし、金融機関でお金を借りる場合、必ず審査を行うことになります。審査事項はいくつかありますが、その中には収入や勤務先、雇用形態など仕事関連の事項が含まれています。借入者の返済リスクを判断する上でこれらの事項はとても大事です。そのため、収入のない無職の人はその事実だけで審査を落とされてしまうのです。したがって、無職の人は基本的に金融機関からお金を借りることはできません。

しかし、不動産担保ローンを利用すれば、無職の人でも金融機関から借入できる可能性があります。不動産担保ローンを利用してお金を借りる場合、借入の申込者の収入や勤務状況よりも担保不動産の価値が審査で重要視されるからです。そのため、担保価値が十分な不動産を提供して、借入の申込を行うと金融機関によっては審査に通ることがあるのです。銀行の場合は信用性を重視するので、例え十分な価値のある担保不動産を用意しても、無職で収入が無ければ審査に通過できないのが原則です。しかし、ノンバンクであれば、そのような状態でも融資してくれるところがあります。